前へ
次へ

相続させたくない子供がいる時にどうするか

親子関係は基本的には切れません。
勘当する、親子の縁を切るなどがドラマなどで見られますが、それらに法的な根拠はありません。
戸籍上も常に親子関係が残りますし、もちろん相続などでも親子関係があるものとして取り扱われます。
しかし、いろいろな事情がある親子もあるでしょう。
親は子を育てる義務があります。
そして将来的には子は親の面倒を見る義務があります。
これらの義務が守られない時、相続においては一定の権利を失わせる手続きが可能です。
それが相続人の廃除になります。
自分の子供であれば通常は相続を受ける権利がありますが、廃除されると権利が失われます。
ただし、好き嫌いや一時的な感情などで廃除できるわけではありません。
被相続人に対する虐待や重大な侮辱などがあったときで、家庭裁判所などに対して手続きをする必要があります。
遺言でも廃除の手続きを書くことができます。
ただし、その子供の子供への代襲相続の権利は残ることを知っておきましょう。

Page Top