前へ
次へ

海外旅行先の法律に詳しくなろう

海外旅行に出かけるときは、現地の法律をある程度知っておかないとトラブルに巻き込まれてしまう危険性があります。
国内では注意程度で終わる案件でも、海外では逮捕されたり罰金の支払いが発生したりすることがあります。
外務省では安全な海外旅行を行うための様々な情報を提供していますが、中でもトラブルにあった場合の対応の仕方は確認しておいたほうが良いでしょう。
知らずに現地の法律を破って逮捕された場合、言葉が通じないと不利な判決を下されてしまう危険性があります。
日本の大使館や総領事館などが旅行先の国ではどこにあるのか、連絡の取り方を知っておけば弁護士や通訳に関する情報の提供を受けることが可能になります。
警察官への対応の仕方を助言してもらうことなどもできますから、海外旅行において日本の大使館や総領事館は心強い存在です。
ただしすべてにおいて対応してもらえるわけではなく、制約によりできないことも多くありますから個々が旅行先の国の法律に詳しくなり、法を破ることがないようにしましょう。

Page Top